軽自動車 パワステ故障 修理費用

たった32秒であなたの軽自動車の最高額がわかる!

7店で査定して、下取り・買取0円と言われた
10年落ちのホンダライフが7万円で売れました。

>>軽自動車を高く買取してもらう方法はコチラ

軽自動車のパワステ故障にかかる修理費用

画像

軽自動車といえば維持費が安い事が魅力に挙げられる自動車ですが
乱暴に乗り回していれば高くつきます。

 

乱暴に乗り回していなくても故障する時はしますから
軽自動車と言えど多少は修理費用として予算の用意をしておくと良いでしょう。

 

車検を無事に通過できていれば
その軽自動車で極端な故障はないかもしれませんが、油断はできません。

 

パワステと言えば、今や当たり前に搭載されている車のサポート機能です。

 

パワステ故障ともなれば運転性に明らかな異常が出てきますから
軽自動車だろうとなんだろうと修理を求められます。

 

気になる修理費用ですが、たとえ軽自動車だとしても
パワステ故障は車の重要な箇所の故障ですから結構な修理費用が要求されるようです。

 

軽自動車に乗る理由は、人それぞれだとは思いますが維持費は大きな魅力になっているでしょう。

 

主にガソリン代が普通車と比べるとかなり違い
何年も乗る事を考えると軽自動車はより魅力的に見えてきます。

 

しかし、そんな軽自動車もずっと乗っていれば具合が悪くなる事もあるでしょう。

 

たとえ定期的に車検を受けていたとしても、故障は予期せずやってきます。

 

さて、現代の車には必ずと言っていいほど
高確率で採用されているパワステですが軽自動車とて例外ではありません。

 

本来ハンドルを切るという行為にはたいへんな力を要しますが
パワステのお陰で軽自動車も普通車も軽々曲がれるのです。

 

もっとも、軽自動車の場合はパワステがなくてもそれほど重くはありません。

 

パワステ故障の際の修理費用を見ていく前に
まずはその軽自動車のパワステがどんな形式で駆動しているかを把握しておきましょう。

 

軽自動車といえば維持費が安いと言わんばかりの特徴ですが
これは修理費用にも当て嵌まるようです。

 

『購入する際に軽自動車は修理費用が安いから』

 

と考える人はいないかもしれませんが存在感は大きいでしょう。

 

油圧式と電動式の二種類に分類されるパワステですが、その修理費用はばかになりません。

 

特に最近主流の電動式は修理費が高い傾向にあり
軽自動車に乗っていたとしても油断できません。

 

数十万円もの修理費用がかかったというケースもあり
こうなってくると修理だけでなく軽自動車の乗り換えも候補に入ってくるレベルです。

 

ただ、本当に乗り換えた方がお得なのか修理して再び乗った方がお得なのかは
軽自動車の種類に大きく依存してくるでしょう。

下取りより平均17万円も高く売れた実績!

査定依頼をしてから1秒で相場がわかる
査定0円と言われた軽自動車も売ることが出来ます!

>>あなたの車の相場を簡単にチェック!

関連ページ

軽自動車のエンジンから異音?修理費用はどれくらい?
ここでは、軽自動車のエンジンからの異音が出た時の修理費用について解説しています。
軽自動車オートマミッションの修理費用はどれくらい?
ここでは軽自動車オートマミッションの修理費用はどれくらいなのか解説しています。
軽自動車からキュルキュル音が?これは 故障?
ここでは、軽自動車からキュルキュル音が出た時は故障なのかどうか解説しています。
軽自動車のタイミングベルト交換費用
ここでは、軽自動車の修理費用についての記事をまとめています。
軽自動車の足回りの異音と修理費用
ここでは、軽自動車の修理費用についての記事をまとめています。
軽自動車のカーエアコン故障の修理費用
ここでは、軽自動車のカーエアコン故障の修理費用について解説しています。
軽自動車のクラッチ交換にかかる費用
ここでは、軽自動車のクラッチ交換費用について解説しています。
軽自動車のパワステオイル漏れの修理費用
ここでは、軽自動車のパワステオイル漏れの修理費用について解説しています。