軽自動車 買取

たった32秒であなたの軽自動車の最高額がわかる!

7店で査定して、下取り・買取0円と言われた
10年落ちのホンダライフが7万円で売れました。

>>軽自動車を高く買取してもらう方法はコチラ

車の処分と自動車税について

画像

車処分をする時期について、よくよく考えておくと得をする可能性があります。

 

言い換えれば考えなしに車処分してしまえば損をする可能性があるという事で、どうせなら得を選びたいですね。

 

なぜ車処分する時期で損得が出てくるのかというと、需要の増減に秘密が隠されています。

 

その車処分においてお金が返ってきた場合
つまり、売れた場合は処分した車にまだ利用価値があるという事です。

 

中古車の利用価値といえば再び誰かの手に渡る事で
中古車需要が増加する時期なら車処分でも評価は甘めになるでしょう。

 

反対に飽和している時期なら辛めということで、損得が出てきました。

 

そしてもう一つ、得をする事はないかもしれませんが
車処分の際に損をする可能性のある要素が自動車税です。

 

車処分をするなら、自動車税が新たにかかる前が良いですね。

 

乗りもしない、そもそも車処分したはずの
車の自動車税を払い続けるというのもおかしな話です。

 

しかし実際には、そんなおかしな話が起きてしまいます。

 

何故そんな事になるかといえば
車処分に際して自動車税がかかるタイミングを把握していない事が原因です。

 

都合よく持ち主の変更に合わせて自動車税の支払い義務が移るわけではなく
機会的に処理されるため無闇に車処分すれば良いというものではありません。

 

具体的には、「年度の切り替わりには車処分をするな」という事です。

 

自動車税は4月1日時点での車の所有者に対して生じる義務なので
この時期をまたいで車処分をするのは賢明とは言えないでしょう。

 

それなら一週間くらい前に、と考えたくなるのですが
車処分はそんなに簡単な話ではありません。

 

車処分の手続きをしたのが4月1日の一週間前でも
実際の処理に二週間かかってしまえば自動車税の義務がやってきます。

 

車処分は余裕をもって年度末には
確実に購入までの処理が済んでいる事が理想的ですが
早すぎてもいけません。

 

購入した自動車税の問題もありますし
車処分で中古に売り出した車にかかっていた税金は戻ってこないのです。

 

文字通り車処分として廃車にした場合は月割で戻ってくるのですが
この時に軽自動車は例外となります。

 

また4月1日に廃車処分した場合も、結果的には戻ってきますが
処理上の都合で一度は自動車税を払わなければなりません。

 

つまり余計な手間が増えてしまうので
どういう方向で車処分するにしても手続きは3月中に済ませておきたいです。

 

下取りより平均17万円も高く売れた実績!

査定依頼をしてから1秒で相場がわかる
査定0円と言われた軽自動車も売ることが出来ます!

>>あなたの車の相場を簡単にチェック!

関連ページ

事故車でも買取が可能?
ここでは、事故車でも買取が可能なのか解説しています。
税金未納車でも買取してもらえる?
ここでは、税金未納車でも買取してもらえるのかどうか解説しています。
車を売ると自賠責保険は戻る?
ここでは、車を売ると自賠責保険は戻るのかどうか解説しています。
車の査定で業者が確認するポイント
ここでは、車の査定で業者が確認するポイントについて解説していきます。
車を売る時の保険の解約のタイミング
ここでは、車を売る時の保険の解約のタイミングについて解説しています。
装備を外すと査定に影響が出る?
ここでは、装備を外すと査定に影響が出るかどうか解説しています。
マフラー交換は査定に影響があるのか?
ここでは、マフラー交換の査定への影響について解説しています。
車の査定後すぐに売るべきか?
ここでは、車の査定後すぐに売るべきかどうか解説していきます。
車検に通らない車の買取
ここでは、車検に通らない車の買取について解説しています。
銀行ローンが残っている時の車買取
ここでは、銀行ローンが残っている時の車買取について解説しています。
中古車の無料買取査定について
ここでは、中古車の無料買取査定について解説しています。
車の下取りとは?
ここでは、車の下取りについて解説しています。
無料の廃車業者に依頼する前に・・・
ここれは、無料の廃車業者について解説しています。
車の査定後に故障したらどうなる?
ここでは、車の査定後に故障した場合について解説しています。
車買取業者とオークションではどちらが高く売れる?
ここでは、車買取業者とオークションではどちらが高く売れるのかについて解説しています。