コペンの買取査定相場

たった32秒であなたの軽自動車の最高額がわかる!

7店で査定して、下取り・買取0円と言われた
10年落ちのホンダライフが7万円で売れました。

>>軽自動車を高く買取してもらう方法はコチラ

コペンの買取査定相場

画像

コペンはダイハツの人気オープンカーで、
根強い人気がある車です。

 

初代はL880K型と呼ばれる型で2002〜2012年まで発売されていたモデルです。

 

その後、2014年にフルモデルチェンジをして、2代目のLA400K型として発売されました。

 

賛否両論があるようですが、基本的に人気の高い車種となっています。

 

特別な層に人気の車で、中古車市場でも高く取引されています

コペンの買取相場をチェック

コペンの買取相場を調べてみると、
コペンは年式が古くても買取価格は高いようです

 

型式 初度登録 グレード 買取相場
L880K 平成21年 アクティブトップ〜タンレザーエディション 76〜103万円
L880K 平成22年 アクティブトップ〜アルティメットレザーエディション 75〜142万円
L880K 平成23年 アクティブトップ〜アルティメットエディションS 92〜152万円
L880K 平成24年 アクティブトップ〜アルティメットエディションS 99〜156万円
LA400K 平成26年 ローブ 123〜173万円

(※価格ドットコムを参考 2015/5月)

 

平成21年車でもタンレザーエディションが高いようで、
100万を超える価格で取引されているようです

 

平成22年車はアルティメットレザーエディションは142万円で
取引されているようです。

 

業者によっての査定額の差は高い場合は40万ほどになるようです。

 

平成23年車はアルティメットエディションSが152万で取引されてることも
あるようですね。

 

一番安いグレードでも90万なので、高額で取引されています。

 

平成24年車は23年車とそれほど変わらない価格取引されているようですね。

 

アルティメットエディションSが高い査定を期待できそうです。

 

平成26年車は2代目のコペンです。

 

あまり買取されているデータがないので何とも言えませんが、
高額で取引されています。

 

初代から2代目に代わっても初代の買取査定は高い傾向にあります

 

コペンの売り時はいつ?

 

コペンは他の軽自動車に比べ特別なタイプの車です

 

ですから、あまり相場が下がらない傾向にあります

 

実際に平成17年車でも91万円で買取されている事もあるようです。

 

10年近く前の車がこれだけの価格で取引されていることを考えると、
査定額は大きく減らないのではないかと考えられます。

 

コペンは買取額があまり下がらないので、
飽きるまで乗っていても損はない車の印象を受けます。

 

ただ、買取業者によって買取価格は大きく違ってくるので、
売ると決めた場合は必ず調べる必要があるでしょう。

 

特に下取りの場合は年式で価格が下がるので注意が必要です。

下取りより平均17万円も高く売れた実績!

査定依頼をしてから1秒で相場がわかる
査定0円と言われた軽自動車も売ることが出来ます!

>>あなたの車の相場を簡単にチェック!